(宮崎市)「かわむら農園」ハウストマトパック詰め作業/受託・B型事業所訪問

2021年6月18日(金)午後
 昨年9月、県・中部農業改良普及センターの農福連携担当者様より
「かわむら農園」様が農福連携を希望されているとの連絡があり
 同行訪問させていただき普及センターとマッチングをはかりました。
「かわむら農園」代表は作業の一部を農園に近い事業所さんにお願いしたいとのことでした。
 訪問相談を重ね、その後最寄りの事業所さんへの説明会、体験会を経て
昨年、11月農園に最も近いB型事業所さんと作業請負契約を交わされ
事業所へのハウストマトのパック詰め作業を依頼されています。
 本日が今シーズン作業最終日(収穫も次週まで)でしたので訪問してきました。
作業は、月、水、金曜の週3日で午前中にトマトを引取りに行き、午後からパック詰め作業です。
夕方農園さんが箱詰めトマトを引取りに来られ市場への出荷となります。
作業工程は
① へたどれ、色味、キズのないトマトを選定
② プラスチックパック詰め
③ 計量
④ 箱詰め
 作業時間は13:00~14:30
これらの行程を分業で実施されています。
当初は30kgから試行、現在は90kg30箱と作業量は増えてきています。
 また農園さんで使っているデジタル計量器を借りて計量しますが当初は3~4人が従事
現在では10名以上が計量できるようになっています。
 特記:農園さんのご好意により、事業所さんでは販売にむかないトマトをいただき
    カフェ部(ギャラリー)でピューレ加工し期間限定(6/14~8/13)新作「トマトかき氷」として販売中です。

農福連携コーディネーター / 興梠 理