(都城市)はなみずき工房さんへ伺いました

都城市にありますはなみずき工房さんへ伺いました。
以前は農作物を栽培されていました。しかし、度重なる猿の出没で、断念。

現在は主に手芸品を製作されています。

クラフトバッグ、刺し子のふきん、スポンジタオル、ポーチ、レース編み、毛糸で折るマフラー等々。
手先の器用な女性が多く、男性は3割といったところでしょうか。
定員は20名ですが、10名で活用し、ゆったり作業されている様子です。
コミュニュティーの場といったところです。

最近よく耳にする言葉、コロナの影響でイベントがなくなり販路がなくなった。
それでも、販売する機会を大切にしなくては。です!

はなみずき工房よりお知らせです

都城市高城町 はなみずき工房さんよりお知らせです。コロナ渦で相次いでイベントが中止され、心も迷子になりそうな1年です。そこで、嫁ぎ先に迷った商品を紹介して参ります。問い合わせは宮崎県農福連携推進センター0985503665 FAX0985503653はなみずき工房0986582336 FAX0986585729までお願いいたします

宮崎県農福連携推進センターさんの投稿 2020年8月11日火曜日

今後もコロナ収束に向け、各イベント中止、自粛ムード、が続くと予想されます。

コロナに感染することも怖いけれど。
正直、経済が停滞することの方が怖いです。

先の見通しが立たない状況で、不安に押しつぶされず、利用者さんに向き合っておられる職員さんを、心から応援しています!

農福連携推進センター
てら ともこ