(日南市)フクちゃん工房さんへ伺いました

日南市社会福祉協議会のキャラクター・フクちゃんをご存じですか?
どうやら、フクちゃん音頭なんてのもあるようです。

訪問先は、就労継続支援B型の事業所、フクちゃん工房。
支援員さんの背中にはフクちゃんがいました♪
定員は20名、利用される方の身体状況などにより、半日の通所なども可能です。
受診などに行かれても、諦めずに通所できる環境が有難いですね。

日南市にもB型の事業所はありますが、こちらは下肢の不自由な方でも作業に取り組める環境が整備されています。
どこにも通えない・・・なんてお悩みの方は是非相談ください♪

こちらでのお仕事は手工芸がメインとなります。
男性のかぎ針編み、縫製スキルの高いことに驚かされます。
オリジナルのマスコットや、香典返しのティッシュカバー、木工パズルなども製造され、事業所内は森林の香りがします。
管理者さん、支援員さんもとてもやさしくて、利用者される方に即した環境や作業を提案下さいます。

農業は自家農園で季節の野菜を栽培されています。
店頭に並ぶことはありませんが、フクちゃん工房を利用される方が購入されるため、地産地消ならぬ、限産限消といったところでしょうか?
皆さんで育てた野菜は、食べる喜びも一入だと思います。

ここは、がつがつ生産活動をし、ひたすら工賃を上げることに必死ではありません。
ゆったり時間が流れ、限られた時間の中で、作業に集中する。

きっと、フクちゃん工房は、地域の皆さんが集う場として、大切に継続していかなくてはならない居場所なのだと思います。

農福連携コーディネーター   てら ともこ