農業と福祉が手を取り合って豊かな宮崎をつくろう

農福連携は、農業と福祉が連携し、障がい者の農業分野での活躍を通じて、農業経営の発展とともに、障がい者の自信や生きがいを創出し、社会参画を実現する取組です。
高齢化している農業現場での貴重な働き手となることや、障がい者の収入向上など、双方にとってウィンウィンの関係が期待されています。宮崎県農福連携推進センターでは、コーディネーター等を配置し、障害福祉サービス事業所と農業経営体等との農作業のマッチングを支援するほか、農福連携マルシェの開催を支援しています。

宮崎県では平成30年度に「宮崎県障がい者工賃向上計画(平成30年度~平成32年度)」を策定し、令和2年度の目標工賃月額を22,600円以上としています。
この目標達成に向けての県の具体的取組の一つとして「農福連携の推進」が位置づけられ、マッチング支援や農福連携マルシェの開催支援を県から受託しています。

農福連携に関心のある方は当センターにご相談ください。

宮崎県農福連携推進センター

常勤コーディネーター

こおろぎ おさむ
延岡の出身ですが、長く県外や海外で過ごしてきました。
これまで、県内外で障害者福祉(就労支援、職場定着支援、生活支援、相談支援等)の仕事についておりました。
農福連携には以前より、地域おこしの視点から関心がありましたが、仕事としてかかわるのは初めてです。障がい福祉事業所、農業の現場に学びながら、すすめていきたいと思います。
「農業(農家)がよくなると、地域(宮崎)が元気になる」を目標に取り組んでまいります。よろしくお願い申し上げます。

常勤コーディネーター

てら ともこ
みやざきの海をこよなく愛する48歳。
石川から移住、みやざき初心者。
太陽、水、人に恵まれた地で生まれた、おいしい農畜産物に心惹かれています。
農業と福祉の連携から、よりおいしいものが生まれることを願って、共にがんばりたいと思っています。

〒880-0915 宮崎市恒久南3丁目3-2 恒吉ビル2階
TEL:0985-50-3665 FAX:0985-50-3653

業務時間:月曜日~金曜日の午前9時~午後5時

休み:土曜、日曜、祝日 年末年始12月29日~1月5日